ホームへ
第四席「兎が小さいビルを送り込みます」へ
「『不思議の国のアリス』上方落語風」目次へ
「ルイス・キャロルのページ」へ

第三席 出来・レースと長いお話


 土手に集まったのは、なんともけったいな連中でした。――鳥は羽を引きずってるは、動物は毛がぴったり張り付いてる、それに全員水を滴らせて、機嫌が悪い上に気分も悪い。
 最初に問題になったんは、当たり前の話ですが、どうやって水気をとって元通りになるかということです。そのことで話し合うたんですが、少ししたらアリスも連中と一緒に、仲良う話ししてんのが当たり前みたいになったんですな。それこそ生まれたときからの知り合いやったみたいに。実際、アリスはインコとえらい長いこと話してましてな、しまいにはインコはつむじ曲げてしもて「うちはあんたより年上やねんで。あんたよりよう物知ってんのよ」としか云わんようになりました。アリスにしたらそうはいかん。インコの年なんか知らんわけですさかいな。それにインコは年を教えようとはしませんよってに、もう云うことがないようになってしもた。
 鼠は連中の中では偉いみたいなんですが、とうとう声を挙げました。「みんな座って、わしのいうことを聞き! すぐにきっちりと乾かしたるさかいに!」皆すぐに、車座になって座ります。鼠は輪の真ん中におります。アリスは鼠をじっと見ております。なにしろすぐに身体を乾かさんとひどい風邪を引くことになると思てましたから。
「エヘン!」鼠は大事なこと云おうという風体で「よろしいかな? これがわしの知ってる一番無味乾燥な話や。静かにしといてんか! 『ウィリアム征服王の大義は教皇より賛同を得しに、片時(へんし)のうちにイングランドの民の臣従を受けたり。民は指導者を欲し、また、王位簒奪や征服に慣れたればなり。マーシア伯とノーサンブリア伯なるエドウィンとモーカーは――』」
「そらきた!」インコは震えてます。
「え、なんでやす?」鼠は不機嫌に、でも、えらく丁寧に云いました「あんさん、なんぞ云いなはったか?」
「いや、全然!」慌ててインコは云いますな。
「云うたと思たけどな。続けよか。『マーシア伯とノーサンブリア伯なるエドウィンとモーカーは支持を表明し、愛国的なるカンタベリ大司教スタイガンドさへ見出したるは、それ――』」
「見出したるは、何、て?」アヒルがいいます。
「見出したるは、『それ』や」鼠が答えます。ちょっと機嫌が悪い。「当たり前やけど、『それ』の意味は解るな」
「『それ』の意味くらいは解るわいな。自分の目で見出したもんやったら」アヒルは云います。「『それ』、っちうのは普通は蛙や虫や。訊きたいのは、大司教が何を見出したんか、ちうこっちゃ」
 鼠は答えず、急いで話を続けます「――見出したるは、それ、エドガー・アセリングがウィリアムに対面し、戴冠を勧めるが賢明てふことなり。ウィリアムの世は、初め温和なりき。しかるに郎党のノルマン人の狼藉は――」どないや、乾いたかな?」と続け、話しながらアリスの方を向きました。
「相変わらずびしょびしょですわ」アリスは憂鬱そうに云います。「全く乾いたように思えません」
「かく状況では」とドードーが立ち上がって重々しく云います。「本会の休会動議を提出し、より効果的なる対策を早急に採用すべく――」
「外国語喋るんはやめてんか!」とは鷲の子でして。「難しいこと云うてるけど、半分も解らへんわ。第一、あんたかて解ってへんのとちゃうの!」云うなり笑い顔を隠そうと下を向いてしまいます。他の鳥も何羽か、声に出して笑いました。
「何を云いたかったかというとやな」ドードーはムッとして云います「乾かそ思たら出来・レースが一番ええということや」
「デキ・レースて、何ですのん?」アリスとしてはそんなに知りたいという訳でもなかったんですが、ドードーが、誰ぞ一言あるやろと考えてるみたいに少し間を置いたもんの、誰も何んも云おうとせんかったんで訊いたわけです。
「そうやな」ドードーが云います「説明するのに一番ええのは、一回やってみるこっちゃな」……冬なんかに自分でもやってみたい、いう方もいてはるかも知れませんので、ドードーがどないやったかお話ししましょ。
 最初にコースを作ります、輪のような形ですな。……ドードーが云うには「ちゃんとした形でのうてもええ」ということです。それから皆がコースのそこここに立ちます。「よーい、ドン!」というような合図はありません。自分の好きなときに走って、好きなときにやめるんです。そんなもんですから、いつレースが終わったか、というのが判りにくい。でも、四半刻かそこら走り続けて、みな元通り乾いたという時分にドードーが急に「はい、おしまい!」と大声で云いまして、全員ドードーの回りに集まります。息を切らして訊いてます「ほんで、誰が勝ったん?」
 これにはドードーも、暫く考えんことには答えが出ませんでした。長い間立ってましてな、指をでぼちんにあてまして……そうですな、シェークスピアの絵でよう見るような格好ですわ。その間他の連中は黙ってます。とうとうドードーの云うたのは「みんな勝ったんや。そやからみんな賞品をもらわなあかん」
「そやけど、誰が賞品だすのん?」訊く声もハモってます。
「そら、この娘(こ)に決まってるがな」アリスを指さしたもんですから、連中、すぐにアリスの回りを囲みまして、困ったように云うんですな「賞品! 賞品!」
 アリスにしたらどないしてええもんやら。しょうことなしにポケットに手を突っ込んで、金平糖の瓶を出したんですが……運のええことに、塩水が瓶の中に入ってませんでした。賞品いうことで渡していきます。みなにちょうど一つづつありました。
「そやけど、この娘も賞品もらわんとあかんな」と鼠が云います。
「確かにそうや」重々しくドードーは答えました。「他に何か、ポケットにあるかな?」アリスを向いて言葉を続けます。
「指貫だけです」アリスは悲しげに云いました。
「こっちぃ貸しなさい」とドードー。
 連中、もう一度アリスの回りを囲みましてな、ドードーがこう云いながら指貫を厳粛な面 持ちで渡します。「このすばらしき指貫を受け取られんことを」この短い言葉の後はやんやの喝采です。
 アリスは何から何まであほらしいと思たんですが、他のみんながえらい真面目なもんですさかい、笑うわけにもいきません。云うことも思いつかんかったので、お辞儀だけして指貫を受け取りました。出来るだけ厳粛な顔でな。
 次は金平糖を食べる番です。この時にはちょっとした騒ぎになりましてな、やかましいもんです。なにしろ大きい鳥は味わう間もないて文句つけるし、小さい鳥は喉に詰めてしもて背中叩いてもらわんならん。それでもしまいには食べ終わりまして、また車座に座り直して、鼠にもっと何か話してくれと頼みました。
「今までのこと話してくれるて、約束しましたよね」とアリスは云います。「それと、なんで――『ネ』さんと『イ』さんが嫌いなんかも」小声で云い足します。また怒ったらどないしょうかと、半分気にしたんですな。
「わしの話は長うて、悲しいんや。尾ひれ抜きでな」と鼠はアリスの方を向いて、ため息をつきました。
「ひれはともかく、ほんま、長い尾やね」云いながらもアリスは鼠の尻尾を変に思いながらもみております。「そやけど、なんで尾が悲しいん?」鼠の話してる間アリスはそのことで頭がこんがらがってましたんで、話が頭の中でこんな形になっていました。――
   犬の邪慰安じゃいあん
       家の中 鼠に
          出くわし 云う
               ことにゃ「さあ
                出るとこ出よか
                 訴えたる ええか
                言い訳 聞く耳
             持たん 何が
           何でも裁判じゃ
         何しろ今朝は
       やること
       がない」
        鼠は犬に
         云いました
           「親方 そんな
             裁判は 陪審
                なしの判事
                 なし これ
                 では時間
               の無駄で
             すがな」
          「わしが
        判事で陪
         審もわし」
           小狡い
              邪慰安
               云いました
               「一切合切
              引き受け
            て お前を
           死罪に
          しても
         たる」
「お前(ま)はん、人の話聞いてへんやろ」鼠が云います「何考えてんねん?」
「あ、ごめんなさい」恐縮してアリスは云います。「確か、五つ目の曲がり目まで来はったんですよね?」
「何云うてるのや!」鼠は怒ってピシっと云います。
「結うてる!」アリスはいつでも他人様の役に立ちたいと思てますもんで、心配そうに回りを見回して「ほな、ほどくの手伝わして下さい!」
「誰がそんなことするかいな」鼠は立ち上がって、向こうの方へ歩いて行きます「訳の解らんこと云うて、馬鹿にしくさって!」
「そんな積もりやなかったんです!」アリスも可哀想なもんで「でも、鼠さんかて気が短過ぎるんやないですか?」
 鼠はというと、返事する代わりに唸っただけでした。
「頼みますよって、戻って最後まで話して下さい!」アリスは声を掛けました。他の連中も声を揃えて「頼みますさかい!」云うたんですが、鼠はいらいらして首を振って、ちょっと足を速めて歩いて行きました。
「悲しいこっちゃなあ、おってくれへんやなんて」鼠が見えんようになるなりインコが云います。親蟹はええ機会やと自分の娘に云うてます。「ほれな。頭に来たらあかん。ええ勉強になったやろ」「お母ちゃんは黙っといて!」ちょっと子蟹が噛みつきます。「お母ちゃんみたいに云うたら、私が貝になっても我慢できんようになるわ!」
「ダイナがおってくれたらなあ、ほんまの話」アリスは声に出して云います。特に誰に云うたわけでもないんですが。「あの子やったらすぐに連れて帰ってくれるのに!」
「訊いてよろしい? ダイナて誰ですのん?」インコが訊きます。
 アリスは一所懸命に答えます。自分の飼い猫のことはいつも話したいんですな。「ダイナは家(うち)の猫なんです。鼠捕らせたら天下一品、考えられんくらい凄いんです。それに、あの子が鳥を追いかけてるの見たもらいたいわぁ!もう、小鳥なんか見るなり食べてしまうんですよ!」
 これを聞いたもんですさかい、皆、えらいことになりました。鳥の中にはすぐに逃げて行ったのがおります。年のいったかささぎは用心深げに自分の羽にくるまって云います「もう帰らんと。夜風は喉に悪いさかい」カナリアは震え声で子供に云うてます「みんな、帰るよ。もう子供は寝る時間やよってな」いろいろ言い訳しながら皆行ってしましまして、すぐにアリスはひとりぼっちになりました。
「ダイナのことなんか云わなんだらよかった」独り言を云うてますが、沈んでます。「ここではみんなダイナのこと嫌いみたい。でも、あの子はこの世で一番の猫なんよ。ダイナちゃん! また、あんたに会えるかしらん!」可哀想にまた泣き始めました。寂しいて、元気もないようになったんですな。ところが少しして、また遠くからパタパタ足音が聞こえてきます。必死の思いで顔を上げます。鼠の気が変わって、お終いまで話ししてくれるんかな、と半分思いながら。

第四席「兎が小さいビルを送り込みます」へ
「『不思議の国のアリス』上方落語風」目次へ
「ルイス・キャロルのページ」へ