ホームへ
「『不思議の国のアリス』上方落語風」目次へ
「ルイス・キャロルのページ」へ

第十二席 アリスの証言


「はい!」アリスは大声で返事をします。急やったもんですさかい、最前ちょっとの間にどれだけ大きなったかというのを忘れておりまして、慌てて飛び上がったんで、スカートの端に陪審席を引っかけてひっくり返してしまいました。陪審員はみんな下におる見物の頭の上にぶちまけられまして、そこかしこに倒れております。先週アリスはうっかり金魚鉢をひっくり返したんですが、ちょうどそれを思い出しました。
「あ、すんません!」しょぼんとした声で云いまして、陪審員を捕まえて、出来るだけ早(はよ)うに元へ戻します。金魚鉢ひっくり返したときのことが頭から離れてなかったんですな、ぼんやりと、急いで陪審席に戻さんと、みんな死んでしまうと思(おも)たんです。
「裁判の続行は不可能じゃ」王さんが重々しい声で云います。「陪審員が戻るまでは……全員じゃ」ここが大事やとばかりに王さんは繰り返しまして、いいながらアリスをじっと見ます。
 アリスが陪審席を見ますと、慌てたもんでトカゲを逆立ちに入れてました。可哀想にトカゲは悲しそうに尻尾を振ってます。全く動かれへんのでっしゃろな。すぐに引っ張り出して、ちゃんと座らせます。「そんな大問題でもないわね」アリスは独り言を云います。「この子が逆立ちしててもちゃんと座ってても、裁判で役に立つかいうたら、変わらんもんね」
 ひっくり返されて肝を潰してたのから、少し様子が戻ってきまして、石板と鉛筆を探して返して貰いますと、陪審は熱心に最前起きたことを書いております。トカゲ以外は全員ですな。トカゲはまだ何も手に着かんようで、口をだらんと開けたまま、法廷の屋根を見ております。
「この件について知っておることはあるか?」王さんがアリスに云います。
「何もありません」
「全く何もか?」
「全く何(なん)にもです」
「それは大事なことじゃな」王さんが云いまして陪審の方を見ます。陪審がちょうど石板に書き留めようかとしているときに白兎が止めます。「陛下は大事ないて云わはるおつもりだしやんやろな、もちろん」言葉こそ慇懃なものでしたが、王さんに顔をしかめております。
「大事ない、じゃ。もちろん、そう云おうとしておった」慌てて云いますが、その後も声を落として独り言を云うてます。「大事な……大事ない……大事な……大事ない……」まるで、どっちのほうが耳あたりがええか考えてるみたいですな。
 陪審の何匹かは「大事な」と書き留めまして、何匹かは「大事ない」と書いてます。アリスは近くにおったもんですさかい、石板を覗いて見ることが出来ました。「そやけど、そんな問題になるようなことでもないわね」
 ちょうどその時です、王さんは暫く忙しそうに帳面に何か書いておりましたが、大声を上げます。「静粛に!」それから自分の帳面を読みました。「第四十二条 一マイル以上の身長のものは退廷するべし」
 みな、アリスのほうを見ます。
「私、背(せい)が一マイルもありません」アリスは云います。
「あるな」王さんが云います。
「二マイル近くあるわえ」女王さんも云います。
「もう、どっちにしたかて出て行きませんからね。それに、それて、ちゃんとした法律やないでしょ。今作ったんちゃいますの?」
「これは最も古い法じゃ」王さんが云います。
「それやったら第一条の筈ですやん」アリスが云います。
 王さんは真っ青になりまして、帳面を閉じます。「評決をまとめよ」陪審に低い、震える声で云います。
「まだ証拠がございます、陛下」白兎が云います。大慌てで飛び上がってます。「私が拾いました紙でございます」
「何が書かれておる?」女王さんが云います。
「まだ開いてはおりません」白兎が云います。「ただ、手紙のようでして、被告が、その……誰やらに宛てたのやないかと」
「誰やらに宛てたに決まっておる」王さんが云います。「そうでなければ、誰にも宛ててないことになる。それは尋常ならざることじゃ」
「誰宛ですのん?」陪審員の一匹が云います。
「宛名はありません」白兎が云います。「なにより、表には何も書いておりません」いいながら紙を開きます。「これは手紙ではございませんな。どちらかというと、詩だすな」
「手は被告の書いたもんですか?」別の陪審員が云います。
「いや、違いますな」白兎が云います。「それが一番不思議なとこで」……陪審、みんな訳が解らんという顔をしてます。
「他人の手を真似たに相違ない」王さんが云います。……陪審はみな、さっぱりした顔になります。
「陛下、暫く」ジャックが云います。「拙者は書いておりませぬ。それに拙者が書いたとは証明できますまい。末尾に署名がござらぬによって」
「そちが署名しておらぬなら」王さんが云います。「却って状況は悪くなるぞ。悪事を企んだに違いないからの。さもなくば、名誉ある者らしく、署名をしておろうが」
 一同、拍手です。王さんがこの日初めて頭のええことを云うたんですからな。
「有罪が証明されたわえ、もちろんな」女王さんが云います。「では打ち……」
「何の証明にもなってませんやん!」アリスが云います。「何が書いてるかも判らへんのに!」
「読むのじゃ」王さんが云います。
 白兎は眼鏡を掛けますと「どこから始めたらよろしうございますか、陛下?」
「最初から始めよ」重々しく王さんが云います。「終わりまで続け、それからやめるのじゃ」
 法廷はしんと静まりかえっております。白兎が詩を読み上げます――。

  「彼らが私に云うには あなたは彼女のところへ行って
    それで私の話を彼にした
  彼女は私を褒めたけど
    私が泳げないと云った

  彼は彼らに伝えた 私が行かなかったことを
    (我々は本当だと知っている)
  もしこのことを彼女が押して来るならば
    あなたは一体どうなるのか

  私は彼女に一つやり 彼らは彼に二つやる
    あなたは我々に三つ以上くれる
  それらはみんな彼からあなたのところへ戻ったのだ
    それらはもともと私のものだったけど

  もし私か彼女が偶然にも
    このことを知るならば
  彼はあなたを信頼し彼らを解放する
    まさに我々と同じように

  私の意見ではあなたが
    (彼女が振戦を起こす前に)
  障碍としてやってきたのだ
    彼と我々自身とそれとの間に

  彼女が彼らを大好きとは彼に知らせるな
    なぜならこれは今までも
  他には知らせることにない
    あなた自身と私の秘密だから」

「今まで聞いた中では最も重要な証拠であるな」王さんが手を擦りながら云います。「では陪審は……」
「誰か、この詩の説明出来る人がいてるん?」アリスが云います。……最前からちょっとの間にえらい大きなったもんで、王さんの話に割り込んでも全然怖ないんですな。「出来る人がいてたら六ペンスやってもええで。この詩の中に意味なんか小指の先も入ってるやなんて思えへん」
 陪審はみな石板に書き留めます。「娘は、この詩の中に意味なんか小指の先も入っているとは思っていない」とはいえ、紙に書いてることを説明しようというもんはおりません。
「もし意味がないのなら」王さんが云います。「大助かりではないか。意味を探さずとも良いのだからな。しかし解らんの」王さんが続けます。膝の上に紙を広げて、片目で見ながらです。「意味があるように見えるのじゃ。『……私が泳げないと云った……』そちは泳げぬの?」ジャックの方を向いて云います。
 ジャックは悲しそうに首を振りまして「泳げるように見えますか?」……ま、無理ですわな。紙で出来てるんですさかい。
「ふむ、解った」王さんは云います。それで、詩を呟いておりまして、「『我々は本当だと知っている』……もちろん、陪審のことじゃな……『もしこのことを彼女が押して来るならば』……女王のことに相違ない……『あなたは一体どうなるのか』……全く、何、とな! ……『わたしは彼女に一つやり 彼らは彼に二つやる』……ほう、これはこ奴がタルトにしでかしたことじゃな……」
「でも、『それらはみんな彼からあなたのところへ戻ったのだ』と続きますやん」アリスが云います。
「だからここにあるのじゃろうが?」王さんは勝ったという顔でテーブルの上のタルトを指さします。「これほどはっきりしたこともあるまい。それからじゃな……『彼女が振戦を起こす前に』……奥や、そなたは振戦を起こしたことはなかろうの」女王さんに云います。
「一度も!」女王さんが云います。怒り狂うてまして、云いながらインク瓶をトカゲに投げつけてます。……運の悪いことに小さいビルは指で石板に書くのをやめてましたんですな、何も書けんて解ったもんで。ところが慌てて書き始めます。インクですわ。顔からインクが滴ってますもんで、それ使(つこ)て、インクがなくなるまで書いてます。
「ならその経験はそなたには振戦(新鮮)じゃろう」王さんが云いまして、にこにこして法廷を見回します。シラっと静まりかえってますな。
「洒落じゃ!」怒った声で王さんが言い足しますと、みな笑います。「陪審は評決をまとめよ」お胡散が云います。今日はこれで十二回目ですわ。
「いや、いや!」女王さんが云います。「判決が先……評決は後じゃ」
「そんなアホな!」アリスが大声で云います。「判決が先やなんて!」
「黙りゃ!」女王さんが云います。怒って顔が紫になってます。
「厭や!」アリスが云います。
「打ち首じゃ!」女王さんが頭のてっぺんから声を出して叫びます。誰も動きません。
「怖いと思てるん?」アリスが云います。……もう、そのころには元の大きさに戻っております。「あんたらなんか、カルタの束やないの!」
 云うなりトランプがみな空へ舞い上がりまして、アリスへ指して落ちてきます。アリスは小さい叫び声を上げました。半分は怖(こお)うて、半分は怒ってですが、手で叩(はた)き落とそとします。と、気がつくと、土手の上に寝転がってて、お姉さんに膝枕して貰(もろ)ております。お姉さんは木からアリスの顔へひらひら落ちてきた葉っぱを優しいに払(はろ)てくれてます。
「アリスちゃん、起きや!」 お姉さんが云います。「えらい長いこと寝てたんやねえ!」
「うち、えらい変な夢みたんよ!」アリスは云いまして、お姉さんに、憶えてるだけ話します。ここまで聴いて貰(もろ)た奇妙なお話すべてです。それで、話が終わりますと、お姉さんはアリスにキスしましてな、「ほんま、変な夢やったね。そやけど、もうお茶やさかい、走って行きや。遅れるよって」アリスは起きあがって走って行きます。走りながらも、なんちう面白い夢やったんやろと思いながら。




 でもお姉さんはアリスが行ってしもたあともじっと座っております。顔を手にもたせかけながら、お日さんが沈むのを眺めております。それで、アリスの面白いお話に思い致しておりますと、お姉さんも同じよう夢を見ます。そして、これはお姉さんの夢です――。
 最初、お姉さんは小さいアリスの夢を見ました。小さい手を膝の上で握り合わせておりまして、きらきらする目でお姉さんの目を見上げております――お姉さんにはアリスの声の調子も聞こえます。それに、ちょっと顔を上げて、いつも目に入る乱れた髪の毛を後ろにやるのも見えます――それに、お姉さんがじっと耳をすましておりますと、いや、耳をすましてるように見えておりますと、周りがみな、妹の夢に出てきた妙な生き物で生き生きとしてきます。
 長い草が足下でがさがさいうと、白兎が走って行く――怖がった鼠は近くの水たまりをばしゃばしゃ泳ぐ――がちゃがちゃいうのは、三月兎と友達の終わりのないお茶会をしてるから、それに女王さんは甲高い声で運の悪い来賓を死罪にせいと云う――豚のやや子は公爵夫人の膝の上でくしゃみをしてる、その間も大皿小皿が周りで割れる――グリフォンの金切り声、トカゲの鉛筆がきいきいいう音、鎮圧されたモルモットの息が詰まった声が空を満たしております。その中に遠くから哀れな海亀風のすすり泣きが聞こえてくる。
 お姉さんは座って、目を閉じます。半分は、自分が不思議の国におると信じて。でも知ってるんです、また目を開けるだけで、全部退屈な現実に変わってしまうんを――草はただただ風にそよいでるだけ、水たまりはといえば蘆が揺れたのにさざめいてる――茶碗ががちゃがちゃいうのは羊のベルが鳴るのに一転する、女王さんの甲高い声は羊飼いの子の声に――やや子のくしゃみやグリフォンの金切り声、それやこれやの音は……お姉さんには解ってるんですな……忙しい農場の騒ぎ声に変わります――その間にも遠くで牛が啼いてるのが海亀風の悲しいすすり泣きに変わります。
 最後にお姉さんは心に思い浮かべます。この小さい妹がこれから一人前の女性になってもずっと今のまま、これから成長していっても、子供時代の素直な愛らしい心を持ち続けてる、それに自分の小さい子供を集める時、子供が目を輝かして不思議なお話を聞きたがる、多分、遠い昔の不思議の国の夢ですな、それに、子供の素直な悲しみを一緒に感じてやり、素直な喜びを一緒に喜んでやる。心にとどめているのは自分の子供時代、そしてあの楽しい夏の日のことでしょう。

『不思議の国のアリス』、全巻のおしまいでございます。


「『不思議の国のアリス』上方落語風」目次へ
「ルイス・キャロルのページ」へ