ホームへ

ルイス・キャロルのページへ

過去のルイス・キャロル展


1987年以降に全国規模で開催されたキャロル展・アリス展について紹介します。

1987年:ルイス・キャロルとアリスの原画展

主催:西武百貨店
 映画『ドリームチャイルド』公開に合わせた企画。全国の西武百貨店で開催された。図録は作成されていない。自分の見に行った西武百貨店高槻店での開催(1月2日〜27日)では、出品リストの一覧が配布されていた。


1993年:「不思議の国のアリス」展

主催:NHKサービスセンター
 北米ルイス・キャロル協会会長チャールズ・ラヴェットのコレクションを軸にした展覧会。詳細な図録が作られた。自分の見に行ったのは日本橋高島屋での開催(7月15日〜27日)。
「不思議の国のアリス」展 図録の目次


1996年:「ふしぎの国のアリスの物語展」

主催:「ふしぎの国のアリスの物語展」実行委員会
 前年翻訳出版された『ふしぎの国のアリスの物語』とタイアップした展覧会。同書の挿絵原画を中心に、日本の門馬コレクションからの出品による展覧会。会期中『ふしぎの国のアリスの物語』著者クリスティーナ・ビョルクが来日、東京会場での講演もあった。自分の見に行ったのは渋谷東急本店での開催(4月23日〜29日)と、神戸ハーバーランド阪急ミュージアムでの開催(5月22日〜6月2日)。この展覧会では図録は作成されていない。神戸会場では、「金子國義アリスワールド」が併催されていた。


1997年:ルイス・キャロル没後100年記念『不思議の国のアリス』誕生の謎展

主催:NHKサービスセンター
 1998年のキャロルの没百年に先立つ企画として、その前年に行われた。詳細な図録が作られている。自分の見に行ったのは新宿三越美術館での開催(3月4日〜20日)、梅田阪急での開催(8月6日〜8月12日)、それに京都伊勢丹・美術館「えき」での開催(12月1日〜12月26日)。
ルイス・キャロル没後100年記念『不思議の国のアリス』誕生の謎展 図録の目次

2009年:不思議の国のアリス展 ルイス・キャロルのお伽の世界

主催:不思議の国のアリス展実行委員会
 聖徳大学の初版本、キャロルの写真・書簡コレクションを中心にした展覧会。山本容子の版画による『アリス』のコーナーを展覧会の中に繰り込んでいた。面白い試みとして、原作の中から場面を三つ(チェシャ猫に話しかけるアリス――その横に穴に落ちるアリスの場面を並置――、気違いお茶会、青虫と話すアリス)、再現しており、その場面だけは撮影許可とした点がある。自分の見に行ったのはJR名古屋高島屋での開催(7月23日〜8月3日)。この展覧会では図録は作られていない。


 新しい情報等ございましたらcxj03744@nifty.comまでお寄せ下さい。

「ルイス・キャロルのページ」へ