Lewis Carroll: Q&A Board
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^10: 『不思議の国』テクストの異同について
投稿日: 2004/01/04(Sun) 12:39
投稿者書生 < >

整理すると、キャロルの詩が、たいてい“最初の一語は大文字”で印刷されている、という大まかな認識は別に間違ってないわけですね。ただ「巻頭詩」に関しては、大文字から始まってないことのほうが多い、と。
『スナーク狩り』と「ファンタズマゴリア」は、最終的には、各“章”の頭の一語は大文字という『不思議の国』同様の形式で統一された、ということになる。

次にnevarの問題ですが、
> 単純にグリーンが「誤植」と素直に信じただけではないでしょうか?
これはもちろん、グリーンは誤植と考えたに決まってる。
nevarが ravenを逆転した洒落、という説自体、疑えば疑えないこともないし、本当の誤植が偶然そうなっただけかも知れないし。
世の中には「誤植のほうが面白かった」という例も、まれにありますから(笑)
ただ、私の書きようがマズかったかも知れませんが、No.47の記事ではグリーンがどう考えたかをトレースすることを目指したわけじゃなくて。
例えば実際問題として、私なり、この掲示板の読者なりが、『不思議の国』の原文を論文か何かに引用するとか、印刷物にして配布するとかの必要がある場合、今までの話の流れから言って、ペンギン・クラシックスあたりを底本にして、多少原典の形式に似せようと思えばグリーン版も参照する、といった手順でやるしかない。
しかしグリーン版の底本が「9版」か「9版後刷り」か知りません、というんじゃ一抹の不安が残る。
まぁ正確さを強く求めるなら、原典を参照する機会があって、そこから直に引用することの出来る人だって、「9版後刷り」では、ちょっと変更されてるかも知れない、というんじゃ不安が残るでしょう。
おそらく「9版」と「後刷り」の違いなんて、新たに見つけたとしても微細なものだろうとは思うけれども。
これは木下さん自身が、No.40の記事の段階では、
> 最終版自体が「信用おける」かとなると至って微妙です。特に第9版ではcan't→ca'n'tのような大幅な書き換えを行っているので、出た当時の版には誤植もあったと思われます
…と、少し予断をまじえた、複雑な見方を示されてるわけで、そのあたり私の側としては、何か木下さんが「9版」と「後刷り」の間に“違い”を発見されてるのか否か、確認しとかないわけにはいかなかった、ということです。
ところで、うるさいことを訊きついでに、もう一点だけ、どうでもいいようなことをお訊きしたいんですが、
ペンギン・クラシックスの場合、原典の“扉”のコピーみたいなものがはさまってますよね。

 ALICE'S ADVENTURES
  IN WONDERLAND

      BY
  LEWIS CARROLL
   (…中略…)
      1898
というのが、あるんですが、初版の複写等を見ると、
WONDERLANDのあとにピリオド、CARROLLのあとにもピリオドがありますね、何故か。
各章題のあとにも、DOWN THE RABBIT-HOLE.という感じで、ピリオドがあったりするんですが、このピリオドって最終形では消えてるんでしょうか、残ってるんでしょうか?
ホントにどうでもいいような質問で恐縮ですが。

あとガードナー版だけが何故か違う、という問題に関して、ちょっとだけ。
> 想像だけならグリーンがイギリス人、ペンギンがイギリスの会社、ガードナー本人はアメリカ人、という解釈も考えられますが、底本が違うということも考えられますしね。

いや、いくらアメリカ人だからって元がカンマのものをセミコロンに変えたりはしないと思いますし(笑) 普通に考えれば底本が違うんでしょうが、私個人の関心領域から言えば、カンマかセミコロンかの問題は大きいです。
というのも具体的に日本語に移すことを考えれば、例えばカンマとピリオドの違いなんてのは厳密に訳文に対応させることは不可能な(原文が長すぎれば、いくつかの短文に区切って訳さないといけない)わけですが、コロンやセミコロンであれば、それを訳文に反映させることが出来る。
アリスを原文で読んだときの最初の印象も、コロンやセミコロンがやけに多いな、というものでしたが、今までの数多い翻訳で、コロンやセミコロンをいちいち反映させたものはない。…ということで、最終形におけるコロンやセミコロンの位置を正確に知っておきたかったんです。
だから、ガードナー版のテクストの性格がどうなのか自体は、ホントいうと私個人にはどうでもいいんですが(笑) 
しかし引用符を閉じたあとのカンマがしばしば消える、というのはガードナー版だけに見られる現象で、一度や二度なら単なるタイプミスとも思えるけれども、これだけ続けば、やはり別の底本がある、と考えたほうがいいんでしょう。
まぁ私が底本を見つけられないからといって、木下さんに底本探しを押しつけるのも身勝手な話なわけですが、木下さん以外でも掲示板読者の方で詳しい人があるかも知れないし、謎は謎として公開しておくのもひとつの方法かな、と思います。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー