Lewis Carroll: Q&A Board
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^8: 『不思議の国』テクストの異同について
投稿日: 2004/01/03(Sat) 16:27
投稿者書生 < >

> Phantasmagoria本体の詩は、各Canto冒頭でも最初の一字のみ大文字です(全体の中の最初の単語、ONEだけは大文字です)。

すると現在流布しているテクストは、最初に出版されたとおりの形式でないものが多いということですね、「ファンタズマゴリア」に関する限り。
それに同じ長詩であっても「ファンタズマゴリア」と『スナーク狩り』とでは、やや形式が異なるということにもなる(これは少し興味を引く事実ですね)。
『不思議の国』等、いくつか現行のテクストをざっと調べてみましたが、章題とか最初の一語をどう表記するかというのは、まったく出版社のお気に召すまま、という感じです。最初の一字が飾り文字であるとか、特殊な造本の場合なら、それはそれでいいんだけれども。
もともとそういう表記がキャロルの意図ではなかったにしろ、最初の出版物はキャロルの眼鏡にかなった、というか少なくとも意図に反していないもののはずだから、 こうまでテクストがバラつくのは問題かな?
もっとも、アリスくらい普及してしまうと、そのへんは追求しても仕方ないか。しかし“詩”のほうは見た目というか、字面が、けっこう重要だし… などと思うことは尽きないですが、この話を展開させようとすれば別のスレッドを立てねばならなくなるので、このへんで打ち止めとして。

nevar→neverの問題を確認するために原典を手に入れてしまう木下さんのこだわりには、全く脱帽です。
それに比べれば普及版のテクストを比較“校訂”するような作業は児戯に類するものですが。まぁ大多数のファンはペーパーバックでしかアリスを読まないわけで、そのテクストを検討することにも、多分いくらかの意味はあるでしょう。…と自分をなぐさめつつ(笑) 話を進めますが。
キャロルの「1896年クリスマス」の前書きは、載せてるテクスト自体少ないけれども、グリーン編集のオックスフォード版ではやっぱりnevarをneverと直してますよね。これは最初のオックスフォード版が1971年発行で、ペーパーバックになったのも1982年であることを考えれば、まぁ仕方がないんだけれども、問題はグリーンが「9版後刷り」を底本にしたかどうか、でしょう。
『不思議の国』の各ヴァージョンを比較して異同表さえ付しているグリーンのことだから、おそらく9版後刷り“も”参照したはず、とは思うけれども。
「9版」と「9版後刷り」のテクストに、もう一箇所でも違いがあればハッキリするんですが…。

ところで、ガードナー版とグリーン版の比較ですが、
8章、庭師の「Five」が女王様のお出ましに驚いて、“The Queen! The Queen!”と叫ぶ場面で、The Queen!”のあと、オックスフォード版とペンギン・クラシックスにはカンマがあるけれど、ガードナー版には無い。これは、前例どおり、ガードナー版の単なる“抜け”かな、と思ったんだけれども…。

女王が雷声で「位置に着け!」と叫ぶ場面、
 “Get to your places!”shouted the Queen in a voice of thunder;
最後がセミコロンなのはガードナー版だけで、オックスフォード版とペンギン・クラシックスはカンマ。
その少し後、
however;they got settled down in a minute or two,and the game began.
このセミコロンもガードナー版だけで、オックスフォード版とペンギン・クラシックスはカンマ。
ところが9章、公爵夫人の前に女王が立ちはだかっていたという場面。「ブタだって空をとんでいいってのと同じだね。で、その、教(訓は)」、
 “Just about as much right,”said the Duchess,“as pigs have to fly; and the m--”
こっちのセミコロンは、逆にオックスフォード版とペンギン・クラシックスにあって、ガードナー版には無い。
同じ章、Tortoiseとtaught usの洒落の少しあと、グリフォンの台詞 「日が暮れちまうぜ!」
Don't be all day about it!”,and
ここのカンマは、例によってガードナー版だけに無いんですが、これだけ食い違ってくると、食い違うだけの理由があるはずだ、と思わざるをえない。
つまり、ガードナー版だけ、ちょっと特殊なんですね。
しかし、それが何故か? となると… お知恵を拝借したいのですが。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー