Lewis Carroll: Q&A Board
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^5: 『不思議の国』テクストの異同について
投稿日: 2003/12/30(Tue) 14:10
投稿者木下信一 < >
参照先http://www.hp-alice.com/

> 『不思議の国』の巻頭詩は、グリーン版では、
> All in the golden afternoon,なのですが、
> 市販のテクストではALL in the ……と始まるものが、けっこうありますね。グリーン版でも『鏡の国』だと巻頭の詩も巻末の詩も、そういう始まり方をしているし、

ところが、この部分はグリーンが原典通りなんですね。1897年版ではAll in theとなってるんですよ。『鏡の国』がA BOAT, となっているのに対して。

>もっと言えばキャロルの詩はたいてい本来そういう書き方をされてるでしょう。
> これは『不思議の国』の巻頭詩だけが、例外と見ていいんでしょうか?(キャロルがこの詩に関してだけ、そういう表記をするように指示し忘れたのか、意図的なものかは、ちょっと解りそうにもありませんが、グリーンの誤りということではないだろうと思うんですね、予測として。)

ただ、キャロルの詩全般に関して言えば、必ずしもA BOATという書き方をしていません。冒頭の献詩についてだけでも『スナーク狩り』『シルヴィーとブルーノ』『完結編』『子供部屋のアリス』は、軒並み普通の表記です。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー